スタッフブログ

うちの四郎

我が家の四郎は13歳8ヶ月。

もう老犬だ。

白柴で気性が荒かったのに、めっきり犬が丸くなった。(*´ω`*)

ギューとしても、じっと耐えている。(笑)

最近は耳も聞こえてないし、目も悪くなっているようだ。

身体も毛が抜けているのだが、鼻の前もこんなになっちゃって。

散歩も行きたがらなくなってきた。

何ができるわけでもないのに、見ているだけでも幸せな気分になる。

四郎を撫でているときは最高の癒しを感じる。

人もこんな風に自分を扱えたらいいのにね。

何か失敗したとき、

「ほら、だから言ったじゃない。ドジなんだから」とか

約束に遅れたとき、

「だから、早く動けば良かったんよ」とか

人に笑われたとき

「人様に笑われるようなことをするんじゃない‼️人並みなこともできないのか?」

矢継ぎ早に責めてくる声。

それは小さいときに周りから言われた言葉かもしれない。

それが、頭の中の声となって自分を責め立てる。

そんなエゴも、気付くことで小さくなることを最近学んだ。

何もできなくたっていいじゃん。

ただそこにいてくれるだけで愛される存在。

まさしく四郎みたいな存在。

自分をそんな目で見てみよう。

そうすると、今という時が最高の至福感で満たされるはずだ。

やっちまったあ (;゜゜)

今日のこと。

10時半ぐらいに、ウッチャンから連絡があり📱

ウッチャン:「オーナー、どしたん?どこか悪いん?」と。

私:「なんで?すこぶる元気だよ」

ウッチャン:「今日は掃除の日だったんよ。もう終わったし」

・・・

・・・

・・・

マジかあ(;゜゜)

嘘やろ

ヤバイ💦

慌ててお菓子を持って駆けつけましたが、もう半分ぐらいの人が帰られた後でした。(・・;)

本当にすみませんでした(。>д<)

どこもかしこもピカピカ。✨

外に干してあった雑巾を見て、申し訳なかったなあという思いがフツフツと・・・

みんなとお菓子を食べながら、「お疲れさ~ん」と乾杯✨🍻🎶

みんな本当にすみません。🙇

そしてありがとうございました❣️

これからは忘れないよう、手帳に書いておくことにするけんね。

しっかし、掃除の日を忘れるなんてことホールが始まって初めてだった。💦

「今日は沢山の人がやってくれたけん、構わん構わん」

「そんなこともあるよ」

「ちこちゃんは忙しいんやけん仕方ない」

とか、

口々に慰めるように声をかけてくれたみんな。

心からありがたいなあと感謝の思い一杯でした。(*´ω`*)

メイン卓球大会

今日は初めてのメイン卓球大会が行われました。

参加者は32名。

まずはいつものように、大会実行委員長青井先生からの説明。

いつもは楽しくワーワー言いながらやる仲間も、今日はいつになく真剣な表情。😊

熱戦が繰り広げられ・・・

こちらが予選一位通過された方たちです。

さて、優勝されたのは・・・⁉️O(≧∇≦)O

高岡さんとウッチャンペアでした。

おめでとうございま~~す\(^o^)/🏆

お二人の嬉しそうなお顔。O(≧∇≦)O

一位グループは、結局三組が同率でした。

ここは青井先生のアミダくじの出番‼️😊

アミダくじで一位グループの準優勝をゲットされたのは?

岡田マー君と内藤さんペアでした。

パチパチパチ~~👏🎉

二位グループで優勝の矢野さん、ルリちゃんペア。❣️

三位グループで優勝の田中さんヨッチャンペア。😊

四位グループで優勝の波藤さん大森さんペア。💓

皆さんおめでとうございます。💕

楽しい笑い声とともに、皆さんの溌剌としたプレーを見せて頂き、とても刺激を受けました。

この次のメイン卓球大会は4月25日の日曜日の予定です。

またみんなで楽しんでください。❣️

てなわけで、青井先生、あとよろしく~。m(__)m

皆さん、今日は本当にお疲れ様でした。♪ヽ(´▽`)/

コロナの茶番劇

先日、孫を科学博物館に連れていきました。

息子がマスクを春くんにつけさせ、私が外させようとすると主人に怒られ、でも私は春くんに「どうしたい?」と聞いたら、

「外したい」と。

「だったら外したらいい」

と外させました。

子供は感情で生き、素直な心を持っています。

私はそんな子供たちの未来も考え、立ち上がることにしました。

コロナは全くの茶番劇です。

マスコミの偏向報道や政府の言いなりになってはいけません。

自分達だけならまだしも、子供たちには未来があります。

皆さん、立ち上がってください。

マスクには全く効果がありません。

むしろ逆効果です。

子供たちは成長の大切な時期に人の表情を読むことができなくなり、無感情の人間になってしまいます。

無感情の人間は寿命も短くなります。

学校の登下校や授業中にマスクをしているなんて馬鹿げています。💢

また消毒することによって、手荒れで苦しむ子も増え、常在菌を殺すので身体の免疫を下げてしまいます。

今、純ちゃんがホールに来れていません。

理由は、息子さんが勤める小学校から、『家族の人も不用普及の外出を控えるように』との通達が出たそうです。

イタリアではお店の営業自粛命令が来て、「生活がかかっていてそんなこと言ってられない」とみんなで開けたら、警察が取り締まりに来ました。

そしたら、お客さんの方が警察を阻止したと。

生活ができなくなって自殺する人の方が増えている実態です。

世の中を変えるには一人一人の意識が変わって、変えようという行動を取るしかありません。

政府の言いいなりになっていたら、ずっとこの世の中が続きます。

先ほど、私の従姉妹の敬子ちゃんからラインをもらいました。

沢山の医師が名前公表の元、立ち上がってくれてるのを見て、自分も立ち上がろうと決意しました。

以下、敬子ちゃんからのラインを転送します。💌

★★★★★★★

知人から頂いた情報です。シェアさせて頂きます♥️

⬇️
⭐️🌏⭐️🌏⭐️🌏⭐️🌏
石井まれひささんと言う方ブログからです。

安心情報です!

【既にこれだけ出そろってる!医師たちの真実の言葉】

勇気のある現役医師たちに感謝!

・・・・・・・・・・・

「メディアが恐怖を異常に煽っている。一年以内のワクチン開発などありえない。新型コロナウイルスは人工的に作られたのではないかと思われるフシがいっぱいある」

ノーベル賞・大村智博士(月刊致知)

「コロナによる被害は、ウイルスによる病気や死亡よりも、特に子ども達の精神に対する害が最も大きい。子どものマスクの着用により、身体、行動、学習、情緒のすべてにわたって非常に多彩な障害(副作用)を認めました」

本間真二郎医師

「PCRは諸悪の根源。コロナは人災である。指定感染症から外すか5類へ。コロナは分子構造、免疫特性、臨床症状まで非常に詳しく分かり既知のウィルスになった。インフルエンザワクチンとコロナワクチンは決定的に違う。打つ必要無し。遺伝子改変と同じ医療行為で10年20年経たないとわからない。1回打ったら元に戻せないワクチン。生涯にわたり自己免疫疾患的な副作用を持つ可能性あり」

大阪市立大学名誉教授・井上正康氏

「マスクは新型コロナに対抗するための免疫力を低下させます。免疫力の源泉が呼吸にあるからです。マスクをすればするほど免疫力を低下させて自分を新型コロナに感染しやすくしている」

帯津良一医師(週刊朝日)

「非常事態宣言・外出自粛は2 度と繰り返すべきではない」

慈恵医大・大木隆生医師

「毎年1000万人以上がインフルエンザに罹患して、患者は冬季に集中しているのに「インフルエンザの流行で医療崩壊」は絶対に起こりません。新型コロナは1年かかって死者は2000人に到達しないただの風邪です。1ヶ月で3000人を殺すインフルエンザの比ではありません。ただの風邪を2類という「ものすごい感染症」扱いして軽症者も入院させ、その結果、「ベッドが足りなくなる」⇒「コロナ以外の重症患者を入院させられない/通常の手術ができない」⇒「医療崩壊だ」と騒ぐのはあまりに頭が悪すぎませんか?
これは「医療崩壊」ではなく「医療、阿呆かい?」ですよ」

新井圭輔医師

「世界一のベッド数で欧米の100分の1の患者数で崩壊させたら世界からどう思われるだろう?日本人にとってコロナの致死率はインフルエンザ以下であることが明らかだ。死亡するのもほぼ持病持ちの高齢者で、インフルなら少なからず重症化する子どもはほぼ重症化どころか発症すらしない。それでインフルその他多くのずっと怖い感染症を減らしてくれたのだ。こんなに優しいウイルスはない。この冬は恐らく、歴史上最も感染症的に安全な年の一つになる。それなのに、なぜ自粛する?経済を止める?インフルが大流行した一昨年まで、自粛したか?経済を止めたか?人にマスクしろと言ったか?」

石井仁平医師

「PCR陽性者=感染者ではありません。PCR検査をやり続けた場合、永久にゼロにはならず、この騒動はいつまでも収束しません。今回の騒動は考えれば考えるほど疑問だらけです」

藤原紹生医師

「マスクをして会話をする事で微生物の受け渡しができずに免疫を上げる事が妨げられ、余計に感染しやすい身体になってしまいます。子供たちにマスクをさせているのは馬鹿げている。
医療機関や学校などでPCR陽性者が出た時に全員に検査をして複数の陽性者が見つかるとクラスターだと騒いでいますが、無症状の陽性者を見つけても誹謗中傷の的を増やしているだけで、どうして風評被害を拡げようとするのか理解できません。経済を落ち込ませ、人々の心を荒ませ、相手を信じられなくするような社会を作り、コロナ死亡者以上に非感染者の自殺者を増加させて、どうして平気で居られるんでしょうか?もうそろそろこの茶番を終わらせてもらえないでしょうか?」

金城信雄医師

「食事中にマスクを付けたり外したりしろなんて言うのはナンセンス。感染の基本がわかっていない。無しです。
心筋梗塞で亡くなったのに、コロナ陽性であればコロナで亡くなった、としている現状にはものすごく不満を抱いている。医師が付けた病名、死因を覆すことはあってはいけないと思う」

後藤礼司医師

「PCRという当てにもならない検査で「陽性になった人」の数を、「感染者」とすり替えて虚偽報道していますが、これは犯罪です。PCR陽性者を感染者だと言って、しょっぴいて隔離処置にし、職場にまでガサ入れする。これは重大な人権侵害、営業妨害です。マスクも感染を防御する効果は全くありません。効果がないだけならともかく、マスク長期着用は有害で危険です。慢性的な低酸素血症を引き起こし、免疫力低下をもたらします。さらにマスクに付着した細菌や真菌、ウイルスで逆に不潔で感染のリスクが高まります。また、装着2時間後から記憶を司る海馬の細胞が死に始め、長期着用で認知症や子供の発達障害の危険が出てきます。人の表情が読み取れないことから小児には重大な精神発達障害、コミュニケーション障害も懸念されます。三密を避け、寄るな、触るな、こもってろ。これも嘘です。「新しい生活様式」とやらは、免疫を低下させ、さっさと死んでもらうための様式としか言えません。」

小林有希医師

「日々繰り返される報道の偏りと嘘。未だに陽性者数を報道する時に検査件数は報道しない。「陽性」と「感染」と「発症」は違うと医学部で教わったが、指摘する人は少ない。あまりに質の悪い報道が多い。本来ワクチンは治験を含めて開発に10年以上かかるのに、たった半年でできたと言っている。何年も前から準備していたか安全性が確認できていないものを垂れ流すか、どちらかしかないだろう。安全性が確立されていないものを患者さんに打つわけにはいかない。私自身も打たないと決めている」

正木稔子医師

「マスコミは、どこでクラスターが発生したと、連日施設名、学校名など出して報道していますが、それでどれほど傷つく人がいるのか、無責任なものです。クラスター!とレッテルを貼られて報道されてしまうのは非常に疑問です。決して犯罪者ではありません。さらに、国や専門家から「気が緩んでいる!」などと上から目線で言われるのは、あまりに不愉快です。そのような報道には惑わされず・振り回されずに、心身の安定を図るような日常を心がけましょう」

武田恒弘医師

「「陽性」イコール「感染」とは、絶対にならない」

船木威徳医師

「接種する意味のあるワ苦チンは一本もない。ワ苦チンには様々な有害物質が含まれている」

中村篤史医師

「健常者のマスク常用は無意味どころか、かえって感染拡大に加担したり、健康を害するリスクが明確」

整体師・西田聡先生

「ワクチンは難病奇病万病の原因です。打ってはいけません」

石川眞樹夫医師

「第3波到来と大騒ぎをしている背景にはPCR増幅回数のトリックがあります。無症状や軽い風邪の人にいきなりPCRを実施し、増幅を40回以上繰り返し「コロナ感染者」と診断しているのが現状。人類がかつて接種されたことのないDNA・RNAワクチンだけに、免疫系の暴走や遺伝子異常など何が起きるか分かりません。打つな!新コロナワクチン」

高橋徳医師

「ウィルスや細菌などが付着したままの同一マスクの常時着用は、感染のリスクを高めてしまうという極めて当たり前の考え方が、感染症専門家が何故できないのか不思議。マスク着用は、感染を逆に広げ重症化の要因になりうる。感染状況が一旦収束してから、第2波防止のためマスク着用を義務化した多くの国で感染者数が逆に増えています。」

竹林直紀医師

「風邪のワクチンは変異するから作れないとわかっている。詐欺にしか見えない。副反応以前の問題」

萬田緑平医師

「PCRはあまりに不確定な検査。これ以上継続したら世界中の皆様が地獄へ向かうことを警告させていただきます」

小峰一雄医師

「感染者が増えていると言う嘘を垂れ流し、自粛させ、経済悪化を招き、倒産者、解雇者、自殺者を増やすのか?犯罪でしかない」

杉田穂高医師

「「新型コロナを「指定感染症」から外すことである。
「ただの風邪」である若年層には明らかに過剰な措置だ。数日で回復する軽症の感染者であっても入院隔離となり、病床が埋まる。その結果、医療関係者の負担が過多になり、本当に医療措置が必要な高齢者や基礎疾患を持つ人のための医療体制が崩壊に向かいつつある」

立命館大学政策科学部・上久保誠人教授

「症状がない限り、マスクをしても意味がない。
マスクで息苦しくなると肺炎のリスクが高まります」

伊達伯欣医師

「再自粛・社会的距離・三蜜回避は不要。ウィルスとの共存を」

上久保靖彦教授

「「予防接種をしていると発症が軽く済む」という話ですが、予防接種の原理は抗原抗体反応です。医学生理学的に1対1対応です(鍵と鍵穴)。ということは防げる vs 防げない(ドアが開く vs 開かない)だけになります。発症した時点で予防接種は無効だった証とも言えるでしょう。故に、軽く済むということはない訳です。軽く済んだのは、貴方の免疫力のお陰様に他なりません」

田中佳医師

「PCR検査を行うこと自体に意味がない。このような検査で確定診断しているのはもはやファンタジーやオカルトの世界の話」

松本有史医師

「マスク・過剰殺菌・引き篭りは免疫力を下げ、病氣を増やす」

Dr. Dan Erickson

「酸素欠乏は永久的な神経障害を引き起こし、あらゆる臓器にダメージを与えます。子供や思春期の子供にとってマスクは絶対に禁物。酸素欠乏は脳の発達を阻害し、その結果として生じたダメージは元に戻すことができません」

マーガレット・グリーズブリッソン博士

「無症状感染など無いことが証明された」

ロバートケネディ氏

「コロナ茶番劇は、完全なる事実無根の大衆的ヒステリーであり、メディアと政治家による扇動。極悪非道。過去に類を見ない正直な一般市民への最大の詐欺行為。コロナは、エボラでもなくサーズでもなく特別な対策は何もいらない。マスクも社会的距離もまったく意味が無い。PCR陽性は感染を意味しない」

Dr.ロジャー・ホディキンソン氏(医学協会病理検査部門元会長・ウィルス学も含む病理学が専門)

上級者卓球大会

さ~て、色んな方より3月の卓球大会のことを聞かれ、そろそろ告知しなくてはとチラシを作りました。😊

3月28日日曜日に上級者卓球大会を行います。

いつも言ってるように、参加資格は中級卓球に来られている方の中で、中程度以上の実力のある方です。

メイン卓球大会で優勝した方も参加資格ありということで。

募集人数は24名です。

参加ご希望の方はこちらの用紙にご記入くださいね。

男性12名、女性12名です。

あっという間に埋まると思いますので、お早めに申し込まれることをお勧めします。(*´∀`)

世間はコロナで大騒ぎしていますが、ホールにいると全く関係ないですね~(⌒∇⌒)ノ"

今日もそんなことを話ながら楽しく麻雀してました。😊

みんな口々に「行くところがあって良かった」と。

嬉しいですね~。🎵

テレビでは、これから交通機関を使うことやスーパーに行くのを自粛するよう報道?要請?していたそうです。(笑)

そんなこと知らんがな。(T-T)

でも気にする人にとっては大変な時代でしょうね。

行動がどんどん制限されるから。(・・;)

テレビも新聞も見てない私は、今日もめっちゃハッピー。❣️(*^▽^)/★*☆♪

家族のような繋がり

コロナが世の中を騒がせていますが、私の生活はほとんど変わっておりません。

テレビも新聞も見てないので、関係ない生活って感じかな。(笑)

今日はハッピー村のあと、栄子さんの手料理を食べさせてもらいました。

実は毎週なんだけど。(///∇///)

これには事情があります。

ハッピー村が終わった後、麻雀が始まるまで40分ぐらいしか時間が無く、どこかに食べに行くわけにもいきません。

前は持ち寄って麻雀に出る四人のメンバーでご飯を食べてたんだけど、私がそれさえ作るのが面倒になり。😅

料理するのが好きな栄子さんに、「栄子さん、一人で作ってもらえんかなあ?」とお願いした次第。

今日もこんな豪華な手料理を食べさせてもらいました。

栄子さんの料理は、いつ食べてもめちゃ美味しいし身体にとてもいい。😋

ケーキは、純ちゃんが差し入れしてくれました。🍰

自分が好きではないこと、苦手なことは、ちゃんと得意な人が現れてやってくれるという宇宙の法則ですね。😍

んで、今後施設作るときはレストランを併設するって話をしてたら、その為の資格も取ってくれるという話になり。

何かをしようと考えると、ちゃんと助けてくれる人に出会えるもんなんですね。

本当にありがたい。💕



さて、話し変わりますが昨日は今岡保雄さんと今岡和子さんの結婚記念日でした。

本当に仲の良いお二人。

おめでとうございます。🎉

パチパチパチ~~~~👏

富ちゃんがお嫁さんに作ってもらったケーキで、みんなでお祝い。( ^∀^)

高岡さんからはミカンの差し入れが。😊

今ちゃんたちが持ってきてくれた榊。

私も神棚へ供えさせてもらいました。

要る方はどうぞご自由に~。


今日のハッピー村で、出た話なんですが・・・

「ホールってほんと不思議なところですね~。

ここに足を踏み入れる人は家族みたいな関係になる。

ここの波動がそうさせているのかな」

幸せを感じる

今日のハッピー村は9人でした。

既に常連客のような感じのメンバーです。(笑)

ハッピー村を始めた頃は準備にも時間がかかり、おまけにノートにもびっしり書いて備えていました。

それが今や・・・

何を話そうかなって前日に考え、何もメモも取らず30分間喋っております。

随分成長したもんだわと自分を誉める。(笑)

これも慣れですね~。( ^∀^)

今日の話は、「思考が先、現実は後」って話。

何かであるから幸せ、

何かが起こったから幸せ、

何かを持ってるから幸せ、

そう思っている人いませんか?

だけど、それは違うんだよね。

何かを持ってても、

それが奪われたらと心配になる人はいるし、

何かを持ってても、もっと欲しいと満たされない気持ちになったりする。

世間でよく言われる言葉に、

『持っていないものに目を向けるより持っているものに目を向けましょう』

って言葉を聞いたことがあるでしょう。

コップの水の話とか。

半分しか入っていないと思うより、半分も入っていると思う方が幸せだと。

勿論それも一理あるけど、私は最近、それとも違う感覚を持つようになりました。

何かがあるとかないとかじゃなく、ただ幸せだなあ(*´∀`)って、何か内側から沸き上がるような感覚。

何かわからんけど幸せを感じるっていう状態。

真面目に瞑想してる成果かもね。(///∇///)

ブロック解除や潜在意識の書き換えで、一瞬にして気持ちが軽くなる方法についてもお伝えさせてもらいました。(*´ω`*)

私には合っているようで、わりと即効性があります。

さて、それと関連するようなアシュタールのメッセージをまた載せておきます。

大本さんがこういう話が好きだと言ってくれてたので。(^◇^)

このメッセージは、1月6日の南さんのblogに掲載されていました。

★★★★★

こんにちは こうしてお話出来ることに感謝します。

自分のご機嫌は自分でとってください。

あなたのご機嫌をとれるのはあなただけなのです。

あなた以外の人はあなたのご機嫌をとることは出来ないのです。

誰かにご機嫌をとってもらおう、楽しませてもらおうと思っていると、自分で自分のご機嫌をとることが出来なくなります。

自分のご機嫌をとることが出来ないと、自分の生活をコントロールすることが出来なくなります。

自分を楽しませるのは自分です。

自分で楽しもうと思わなければ楽しむことが出来ないのです。

誰かに楽しませてもらおうと思っているとイライラします。

どうしてご機嫌をとってくれないの?

どうして楽しませてくれないの?

とイライラし続けることになります。

自分でご機嫌になることができ、自分で楽しむことが出来れば、いつでもご機嫌になれるし、いつでもどこでも楽しむことが出来るのです。

あなたの感情はあなたがコントロールしてください。

あなたの感情をコントロールすることが出来るのはあなただけなのです。

コントロールと言っても感情を押さえつけるということではありません。

感情はしっかりと感じてください。

そして、その感情を俯瞰で見るということです。

感情に巻き込まれてしまうと望まない現実を創造してしまうことになってしまいます。

感情は現実を創造するための大きなパワーなのです。

感情をしっかりと感じ、俯瞰で見ることが出来るようになるとあなたの現実はあなたの好きなように創造することが出来ます。

良い感情も悪い感情もありません。

すべて素晴らしい感情です。

ただ、重い感情(怒り、悲しみ、嫉妬、恐れ、心配など)は引っ張る力が強いので巻き込まれやすくなります。

巻き込まれると自分が冷静に見れなくなり、予期せぬ行動や発言をしてしまうことになり、予期せぬ現実を創造してしまうことになります。

怒りが出たときは、あ~私は怒っていると冷静に怒りを感じてください。

それが俯瞰で見るということです。

怒っているということを冷静に感じることが出来れば怒りのエネルギーをどうしたら昇華できるかを考えることが出来るようになり、予期せぬ現実を創造することが無くなります。

怒りが出たり、イライラしたり、悲しくなったりするときは自分で自分のご機嫌をとってください。

冷静に俯瞰で感情を見ることが出来れば、あなたの中からどうすればご機嫌になれるかの答えが出てきます。

ふっとあなたの中から湧いてきたことをやってみてください。

そうすればそこから抜け出すことが出来ます。

ご機嫌さんになることが出来るのです。

あなたのご機嫌をとり、あなたを楽しませることが出来るのはあなただけだということをお話ししたいと思います。

あなたに愛をこめてお伝えいたします。

ハートのパワー

明けましておめでとうございます。

今年も毎月の卓球大会やりますよ~‼️

体操もパワーアップ。✊

麻雀も楽しんで。😊

そしてハッピー村の話としては・・・

今年はもっと自分のハートの感覚重視で生きたいと思います。

目に見える世界は5パーセント、残り95パーセントは見えない世界。

なのに、ほとんどの人が見える世界を変えようと躍起になっている。

95パーセントの見えない世界のパワーを使って生きると現実創造は簡単になるそうです。

つまり感情を使ってハートの感覚にしたがって生きる。

そんなことを考えていたら、元旦の南さんblogのアシュタールのメッセージがシンクロしていました。😊

良かったので転送しますね。💌

では、本年もどうぞ宜しくお願いします。🙇

★★★★★★★
こんにちは こうしてお話できることに感謝します。

ハートで感じることが出来たイメージは現実化します。

その感覚、イメージををずっと楽しく持ち続けることが出来れば現実化します。

あなたが途中であきらめてしまわない限り必ず現実化するのです。

その感覚を持っていれば行動することが出来るからです。

行動しようと思わなくても、勝手に行動しているからです。

ワクワクすれば行動できますね。

勝手にいろいろな情報を探しはじめますね。

たとえば、フッとあなたの中から、あ~、海のきれいなところに旅行に行きたいと思ったとしたら、どこに行こうかとネットで検索してみたり、本屋さんに行ってガイドブックを手にしたりしますね。

それはその突き上げてくる思いを現実化するための行動なのです。

突き上げてくる思い・・それがハートの思いなのです。

それは熱いエネルギーなのです。

熱さをそのまま維持することが出来れば、どんどん行動することが出来ます。

知らないうちにワクワク楽しみながら行動するのです。

でも、その熱さを冷やしてしまうことがあります。

それが頭で考える常識や過去の経験値などです。

誰かのアドバイスということもありますね。

すごく熱い気持ちでワクワクしていても、頭がそれを冷やしてしまうというパターンがあなた達には多く見られます。

冷静になるのは必要ではありますが、冷静になるということはハートの熱を下げてしまうことではありません。

ハートの熱をそのままに冷静に行動することが現実化するには大切なのです。

ガイドブックが欲しいと思ってただやみくもに走ってもどこにそのガイドブックが置いてあるかわからなければ手に入らないですね。

ですから、ただ走るのではなく冷静にどこにあるかを調べて安全を確認しながらそこに行くということです。

ハートの思いはあなたのパワーの源なのです。

パワーがあふれてくればあなたは自分でも驚くほどの行動力が出るのです。

ただ頭だけで考えているとパワーが出ませんので行動することがめんどくさいと思ってしまったり、出来なかったら恥ずかしいとか、失敗するのがいやだとか不安や心配などが出てきて二の足を踏んでしまうのです。

ハートのパワーで動いているときはそのようなことは考えず、ただ目的地に向かって走ることだけを楽しむことが出来るのです。

出来るとわかっている・・そんな感じで行動することが出来るのです。

ハートのパワーを大切にしてください。

それにはちょっとした刺激も必要となります。

そのままハートのパワーを維持するのは頭を使いはじめると難しくなります。

ですから、感覚を刺激してくれるもの(こと)を探してください。

たとえば、旅行ならばそこの写真などです。

旅行に行くお金や時間がないなどと旅行に行きたいと思う熱を頭が冷やし始めたら、写真を見てそこにいる感覚を感じるのです。

感覚です・・言葉に出来ない感覚です。

そこにいるときの風のにおいや音や肌に感じる感覚を感じるのです。

イメージするのです。

そうすれば、ハートの思いがまたよみがえってきてハートが熱くなり、パワーが出てきます。

あなた達は頭を使うことばかりを良しとされてきたので何もせずにいると熱さを維持するのは難しくなります。

ハートのパワーはあなたの行動の源なのです。

行動出来れば現実化します。

イメージ出来れば現実化するというのは行動できるからだということです。

こころの中からフッとわいてきた思い・・それがハートの思いなのです。

そんなの無理だよ、出来ないよ、という頭の声が聞こえたら、ハートを刺激してくれる情報を探してください。

そして、ハートのパワーを使って行動してください。

ハートのパワーがあれば行動しようとわざわざ思わなくても勝手に行動できるのです。

頭がハートを冷やしてしまわないように気を付けてくださいね。

頭はハートを冷やすためにではなく、ハートの思いを冷静に行動するために使ってください。

ハートの熱い思いに素直にワクワクしてくださいね。

あなたに愛をこめてお伝えいたします。

大晦日

今年も残すところ数時間になりましたね。

ホールのお休みは例年12月31日~1月2日の三日間。

昨日の今年最終日の中級卓球メンバー。

暇人10人。(笑)

ウーさんは、今年79歳。

10月~12月の3ヶ月間で休んだのは、たったの1日とのこと。

それもいつも自転車で20分ほどかけて来てくれる。

雨の日も風の日も。

それが元気の秘訣。

卓球の腕前も凄いよ❗😍

若者並みの運動神経にいつも驚かされます。

どこも悪いところも痛いところもなく、超人だよ。

素晴らしい❣️

話変わるけど、今年もまた高戸さんが抱えられないほどのマンリョウを持ってきてくれました。(*´∇`*)

玄関入ったところに置いていますので、観てくださいね。😊

これだけあると見ごたえあります。

松とか花も入れたらいいと高戸さんに言われたのですが、いつの間にか外の生け花に誰かが入れてくれてたから、こちらはこのままでいくことに。

ほら。(^◇^)

益々豪華になったねえ。

机の上の飾り物もいつの間にか増えてる⁉️

みんなが自分の家のように思ってくれてるようで嬉しいな。💕

来年も楽しく遊ぼうね。😊

昨年終わりからスピリチュアルでは地の時代から風の時代に入りました。

来年は年始めからビックリするようなことがあるかもしれないけど、みんなで楽しみましょう。😊‼️

そういう話をハッピー村ではよくします。(///∇///)

今朝来たラインでの会話です。

来年も意識が進化しそうな予感・・・。

来年どんなことが待っているのかワクワクです~。(  ^∀^)

お正月の準備

今年も残りわずかになりましたね。
今年も早かったなあ。😊

先週の木曜日の大掃除には、沢山の方にお手伝いいただきまして、ありがとうございました。🙇

 
お掃除後のお疲れ様会では、トシちゃんがぜんざいを作ってくれました。❣️

みんなで美味しく頂きました。😊



話は変わりますが、今日はクリスマスの飾りつけを除けなくてはと思い、朝馳せ参じたら、

ありゃ⁉️

無いじゃん⁉️

今岡和子さんが一人で除けて、お掃除もしてくれてました~。(*´∀`)
お陰で私は午前中仕事することができて、めちゃ大助かり。😍

また、夕方帰ろうとしたら、また和子さんが
「ちこちゃ~ん、お花生けさせてもらっても構わん?」と。

「山から取ってきたんよ」って。

和子さんの実家はお花屋さんをされていたそうです。

さすがは手早く見事な生け具合。😍

完成です‼️
うわあ、ホールの玄関が華やぎますね。❣️

また、和子さんからお正月グッズも沢山頂き、お正月準備バッチリ。(^◇^)

干支のリース。😊

和子さん、ありがとうございました。

前に和子さんに言われました。

「ちこちゃんは、色んな人に手伝ってもらえるような星の元に生まれとるんよ」って。(*´ω`*)

ありがたいですねえ。😍

色んな方に今年もさまざまなことを手伝ってもらいました。

私の料理の苦手なことを知ってか知らずか、沢山の人におかずを作ってもらうことも多々あり・・・

今日も、花を生けて帰る今ちゃんたちを見送りながら、涙がこぼれました。😭

父や母はいなくなってしまったけど、父や母みたいな存在の人がここには沢山いる。

そんな熱い思いが込み上げてきました。

そんなホールがありがたく、私には無くてはならない大切な場所。

皆さんに支えてもらうからこそ成り立っています。😊

これからも皆さん、末長く宜しくお願いします。🙇