ホールブログ

2021年10月

ホ―ルは丸い社会

昨晩の夜、19時10分ぐらいに親友の美穂ちゃんから電話がかかってきた。

「チコさ〜ん、娘と卓球来てるんですがラケットが無くて」と。

わかった、「直ぐ行くよ」と家を飛び出した。🏃💨

着いたら、「男性の方にお借りして」と、ヒロくんが🏓貸してくれてたよ。

その時の人数は14人。

見る限り、誰かが二人に教えなくては、一緒に入っては無理そうだった。

本来なら私の友人だし、私が教えればいいのかもと思ったけど、その時の私の気分は教えたいものではなかった。

そこで、『順番が当たった人が教えよう‼️』ってことにした。😙

最初は今ちゃんと涼子ちゃんが当たり、二人に教えてもらうことに。

そしたら、二回目からは洋子さんが、「私が教えるから、順番にしなくていいですよ。今日は疲れてるから教えたい気分なんです」と。

とても上手な洋子さんです。

学生の頃されていて、ホールの女性の中でナンバーワンだと思うなあ。🥰

最初はラケットを使わずボールをキャッチする練習から。

ほう、こんな練習方法があるんだと、見てて感心。

手で優しく投げる洋子さんの球に、せいちゃんも段々当たり始め。

一時間したところで、ちいちゃんが、「私今日は帰ります。元々疲れてたんで、来るのも迷ってたぐらいなんです」と。

2台で11人がやると、どうしても一人余るので気を遣ってくれたんじゃないかと思った。

「じゃあ一時間しかやってないので、百円返すよ」と言ったら、「クーラ―の修理費用に当ててください」と笑わすちいちゃん。(笑)

実はク―ラ―の修理代が思わぬ高額なことがわかった直後だった。(泣)

それで、3人以外の10人がやっていたら、今度は西岡さんがやってきた。

ヒロくんが、1台の方は二人の人が審判しながらやったらいいと提案した。

つまり、2台に3人審判がいるということに。

今ちゃんが、「こりゃ休めてええわい」って、笑ってる。

この日は和子さんも来てくれ、みんなと共に楽しそう。💓

帰ったら美穂ちゃんからこんなラインが来ました。

みんなが優しく接してくれるから、初めて来た人も居心地がいい。

もし、今晩「私が教えなければならない」って教えてたら、エネルギー場が違うから、こんな風にはならないし。

ちゃんと洋子さんみたいに教えてくれる人が現れる。🤗

⬆️

あっ、決して言い訳じゃないけんね。((〃^▽^〃))

丸い社会を作りたいと思ってたけど、ホ―ルは既に立派な丸い社会に間違いない。( ◜‿◝ )♡